RB-4B12
RB-4B11

2012 イングルヌック ルビコン ラザフォード ナパ・ヴァレー

2012 イングルヌック ルビコン ラザフォード ナパ・ヴァレー

Purchase this product now and earn 346 ポイント!

ワインに関して
1975年、フランシス・フォード・コッポラは古いイングルヌックのワイナリーを購入し、設立者であるグスタフ・ニーバムと彼の大甥のジョン・ダニエル・ジュニアが何十年も造っていたワールドクラスのワイン、そしてワイナリーの伝説を再構築しようと考えました。
そしてそのワイナリーで1978年以来フラッグシップ・ワインとして造られていたワインがルビコンです。ワインは1880年代に植えられた歴史あるグスタフ・ニーバム・カベルネ・セクションの自社畑のブドウから造られています。
ヴィンテージ
2011年は、とてもチャレンジングなヴィンテージでした。降雨と低温の影響で、芽吹きから開花まで時間がかかりました。結実時の低温によりカベルネ・ソーヴィニョンの収量は激減しました。この雨の影響で糖度の低いブドウが育ち、ワインのアルコール度数が例年よりも低くなりました。しかし収量が激減したことで、残ったブドウ一粒一粒に栄養がまんべんなく行き渡り、凝縮感があるフレーヴァーたっぷりのブドウが育ちました。今年のルビコンは複雑なアロマとバランスの取れた骨格があります。これは、素晴らしい畑には、チャレンジングなヴィンテージでも素晴らしいブドウが実るということを物語っています。
ワインメーカーのコメント
ルビコンをよりエレガントにする為に、過去数ヴィンテージはワイン造りの手法を改良し続けてきました。2011年のように収量が少ない年でも、ルビコンに使用するブドウの選別は厳しく行います。ブドウをより丁寧に優しく扱えるよう、新しい除梗機を導入しました。また、ブドウの抽出量を減らし、従来は定期的に行っていたパンプオーバーをロット毎に管理する等、発酵の技法も改良しました。これは、ルビコンというワインに最高のバランスと骨格を与えるためです。2011年は80%の新樽で18ヶ月間熟成され、ボトリングされました。

price: ¥34,560 (税込)

brand:

イングルヌック

イングルヌックの伝説は、1879年フィンランド人であるグスタフ・ニーバムが、ヨーロッパの一流ワイナリーのライバルになるようなワイナリーを作るために、ナパ・ヴァレーのラザフォードを訪れたところから始まりました。彼は船長でもありワインの専門家でもあり起業家でもあるという人物でした。 続きを見る
country:

アメリカ

region:

アメリカ, カリフォルニア

appellation:

ラザフォード, ナパ・ヴァレー

bottle capacity:

750ml

cork type:

天然コルク

商品説明

とても複雑で、黒鉛、ダーク・レッドカラント、ポプリ、バラのドライフラワー、オールスパイスの香りがあります。洗練されたリッチな口当たりは重みを全く感じさせません。フレッシュな味わいは生き生きとした酸味と共に、チェリー、タバコ、カラント、紅茶、土壌、ユニークなテロワールが感じられます。とてもきめ細かいタンニンがエレガントな骨格を作り上げます。アロマチックで濃厚なエスプレッソを思わせる余韻が長く続きます。

ブドウ品種
● カベルネ・ソーヴィニヨン
● プティ・ヴェルド

レビュー

レビューはまだありません。

カスタマーレビューを書きませんか? “2012 イングルヌック ルビコン ラザフォード ナパ・ヴァレー”