Francis Ford Coppola Winery

Coppola2-1

映画の巨匠コッポラ監督のワインメイキング

映画監督のフランシス・フォード・コッポラは1975年にナパ・ヴァレーの歴史あるニーバム・エステートの一部を購入して以来、カリフォルニアワインの歴史に敬意を払いながら高品質なワイン造りを続けてきました。

ワイン造りは数世代続くコッポラ家の生活の一部で、フランシスの祖父アゴスティーノはニューヨークの自宅の地下で自家製のコンクリート発酵槽を使って日常消費用ワインを造っていました。現在フランシスが造っているワインはその頃のワインとは異なりますがスピリットは同じです。

2006年、彼はソノマ・カウンティに新しいワイナリーを購入し、「Francis Ford Coppola」ワイナリーをオープンしました。そこで昔と変わらないスピリットと情熱で家族や友人と楽しめるワインを造り続けています。ここからコッポラ監督の新しいカリフォルニア・ワインの物語が再び始まります。

Coppola2-2-1

コッポラ家の毎日の食卓を彩るハウスワイン

ロッソ&ビアンコはフランシス・コッポラが子供の頃の食卓に乗っていた様なワインです。
ニューヨークに住んでいた祖父のアゴスティーノがカリフォルニアから運ばれてきたブドウからワインを造っていた頃のスピリットそのままに造った口当たり良いエブリディ・ワインです。

Coppola2-2-2

「あなたの健康のために乾杯!」

コッポラ監督の祖母マリアはチュニジア生まれのイタリア人。4ヶ国語を話す彼女はディナーの度にフランス語で“ア・ヴォトル・サンテ!”(あなたの健康の為に!)と言って乾杯をしていました。
彼女に敬意を払って造られたこのワインは、フランスのブルゴーニュスタイルのワインで、冷涼な地域のブドウから造られるエレガントで食事に好く合うフード・フレンドリーなワインです。

Coppola2-2-4

品種の個性を生かすアメリカンベストセラー

ダイヤモンド・コレクションはカリフォルニアの沿岸部の畑、或いは内陸部の渓谷にある畑で収穫される完熟したリッチでフルーティなブドウから造られています。
的確な醸造と熟成の技術で品種の個性を十分に表現した複雑味のある高品質なワインです。

Coppola2-2-5

娘ソフィアの結婚のお祝いに贈ったギフト

愛情の祝福から生まれたソフィアは、フランシス・コッポラが自由奔放かつ魅惑的な魅力を持つ娘ソフィアに結婚のお祝いに贈ったギフトです。
ただの若々しく生き生きとしたワインではなく、世界中の女性のライフスタイルやスピリットに捧げられた画期的でスタイリッシュなワインです。

Coppola2-2-6

コッポラ監督渾身の作!フィルムをまとったファインワイン

2006 年ソノマに購入したワイナリーのオープン祝し、新しくリリースしたブランド。ソノマのテロワールに敬意
を表し、醸造チームの実力を如何なく発揮したシリーズです。
映画の起源とも言えるゾーエトロープというフィルムの様なテープがラベルとしてボトルに巻きつけられた斬新
なデザインで、ワインも映画もカリフォルニアが発信したアートであると言う想いが込められたワインです。

Coppola3-2-6

コッポラ監督が妻エレノアにささげたワイン

”エレノアは創造性と正直さ、そして寛大な精神を持ち、常に私の本当のパートナーで居続けてくれました。彼女は妻であり、母であり、アーティストであり、フィルムメーカーであり、協力者であり、インスピレーションです。結婚50年を迎え、彼女自身のワインである「エレノア」を捧げ、彼女に敬意を表したいと思います。”

Wine Type